最短で一発合格?宅建主任者合格のためのコツを伝授!

私が宅建主任者の資格取得に乗り出した理由は、

 

1、不動産会社の管理業務に就いたこと
2、宅建の資格取得すると月給3万円UP!!!(これが一番!)
3、物件の契約時に怖い先輩に頼まず自分でできる
4、国家資格取得者ということで周りを安心させられる
5、国家資格なのに比較的簡単だという不動産業界の認識。。。

 

という本当に簡単な理由から、恥ずかしいのでこっそりこっそり勉強して
実際に見事合格しました!そして毎月3万円をゲットしています!
そこで、こんな私でもとれた理由を、手っ取り速い合格のためのコツを、ご紹介します!


宅建主任者試験に合格できる通信講座ランキング《最新版》

 

 生涯学習のユーキャン宅建講座

 

全国展開のCMなどで知名度NO1!本当に必要なことがぎゅっと詰まったエッセンスのようなテキストで、とても薄く作られているのにしっかり対応!

  1. 知名度抜群!ダントツ人気の通信講座
  2. 格安価格で理解しやすい教材!
  3. 料金63000円分割3980円×16回
  4. 必要なものはすべてそろった教材
  5. 厳選されたカリキュラム
  6. 質問・添削アドバイスも万全!

生涯学習のユーキャンへ

 

 

 資格の大原宅建講座

 

一発合格主義の大原宅建資格講座!在宅学習の不安を解消する充実のフォロー、サポート体制!

資格の大原サイトへ

  1. 通信講座、通学講座を用意
  2. 通信でも映像の教室の授業を受講
  3. 料金初心者コース約13万円
  4. 合格に必要な情報が網羅されたテキスト
  5. 厳選されたカリキュラム
  6. 実力に合わせた多彩なコース

資格の大原サイトへ

 

 LECオンライン宅建講座

 

法律系に強い!在宅学習の不安を解消する充実のフォロー、サポート体制!

LECオンラインへ

  1. クーポン、早割など割引制度が充実
  2. 再受験の合格者にお祝い金を支給!
  3. 法律系資格に強いと定評あり
  4. Webを利用での通信講座は70680円で受講
  5. 有名講師のゼミやプレミアムクラスもli>
  6. 通信でも通学でも質の高い授業を提供

LECオンラインへ

では早速、宅建資格をとるには?

宅建の資格を取得するためには、受験をしなければいけません。

 

国家資格の中には、受験するためにクリアしておかなければいけない要件がある場合もありますが、宅建の場合はそうした受験資格はありません。
年齢・性別・学歴・国籍などは一切関係ないので、誰でも「受けたい!」と思った時に受験することができます。
ただし、試験の回数は1年に1回のみですので、申込期間を間違えないように注意が必要です。

 

試験に合格するためには、当然勉強しなければいけません。

 

宅建の試験範囲は、不動産の権利関係・法令上の制限・税に関する法令・需給に関する法令・価格の評定・宅建業法・土地や建物の形質や構造というように定められており、とても広範です。
そのため、効率的に集中して学ぶ必要があります。

 

勉強の仕方には、予備校などに通学して学ぶ方法通信教育の教材で学ぶ方法、そして独学があります。
通学して学べば仕事やプライベートとの切り替えがしやすいので勉強に集中しやすいですが、費用が多くかかります。
一方、独学の場合にはどこを集中的に勉強すれば良いのかが判別しにくいという欠点がありますが、費用は安いことがメリットです。
ちょうどその中間を取っているのが通信教育で、この場合には費用は比較的安いのですが、勉強のコツはわかりやすくなっています。

 

宅建に合格するためには、自分のライフスタイルや性格に合った勉強方法を選んで効果的に学習を進めていくことが大切です。


ぶっちゃけ試験の難易度と勉強時間はどれくらい?

宅建は、法律系資格の中では比較的簡単に合格することができます。

 

合格率は例年20%弱程度で推移していますので、合格率10%を切る試験もある国家資格の中では、初学者でも充分に合格を目指せる資格と言えます。
しかし、全く何も準備をせずに試験に臨んだのでは結果は出せません。
そこで、きちんと受験勉強をすることが必要になるというわけです。
では、どのくらいの時間をかけて受験勉強をしなければいけないのかというと、これは人それぞれによって違ってきます。

 

1日たった30分の勉強で合格したという人もいれば、2時間も3時間も勉強していても合格できないという人もいます。

 

この違いはどこにあるのかというと、勉強方法の効率の良さというところが影響してきます。
試験に合格するための勉強というのは、ただやみくもにやっていても仕方ありません。
過去の傾向から特に出題されやすい問題を重点的に勉強していくことがポイントです。

 

そのため、独学で宅建の勉強をしようとすると、どうしても効率が悪くなってしまう傾向にあります。
宅建の試験範囲はとても広範なので、どこから勉強を始めれば良いのかというのが初学者には分りづらいからです。

 

もしも効率的に勉強してできるだけ短い勉強時間で合格したいというのであれば、通信教育や予備校への通学などを活用していくべきでしょう。
こうした方法で勉強をすると、どこをどのくらいの配分で勉強すべきか、どういった優先順位にすべきかということが分かります。
そのため、とても効率的に進めることができるのです。

 

参考までに、実際に私が費やした時間は、日々の業務がお客様によりまちまちで時間通りには終わらないので、できる日は一日1時間
休日などに2~5時間などまとめて、週にかける時間は8時間ほどでした。